ろ(路地に出て、ああ見つけた)


いなくなった仔猫。
ずっと探していた君。

部屋の窓なんか開けておくから。

後悔先に立たず。
私は走る。

近くの公園。
雑木林の中。
空き地のドラム缶。

遊び場となるところにはいない。
一体どこへ?

車に轢かれでもしたらどうしよう。

私の責任だ。
胸がつまる。

電灯がちかちかと足元を照らす。
もうこんな時間だ。
一時休息
家へ帰る途中、路地に出て、ああ見つけた。
やっと見つけた。

駆け寄った君を抱きしめて、
「ばか」
ようやく涙が流せた。